展覧会

令和4年春季展
金工の茶道具と釜の魅力

 茶の湯で使用される道具はさまざまな素材から作られていますが、この度は”金工の茶道具”にクローズアップした展覧会を開催いたします。
 「古銅桔梗口花入」は明時代の作で中国より将来されました。室町時代は仏具や座敷飾りとして用いられ、足利義政所持と伝わります。古銅は銅や錫を主とする合金で、古代中国の青銅器の要素が取り入れられることが多く、胴部には精緻な獣面文(饕餮文)が施され見どころとなっています。
 舶来の金工品は花入に限らず「砂張二重青海水指」もその一つです。砂張とは銅に錫や亜鉛を加えたもので、輸入品は南蛮砂張などとも呼ばれます。器形により花入・香合・菓子器にも見出されますが、本作は塗蓋が添えられ水指として用いられてきました。
 金工の茶道具で欠かせないのが釜です。室町時代の茶釜の生産地として筑前(福岡)の芦屋と佐野(栃木)の天明が知られるほか、利休の時代に京都では与次郎や道仁ら釜師が活躍しはじめます。利休が釜肌をあえて荒らすように指示したとの話が残るように、「阿弥陀堂釜」は代表的な利休好みの釜で与次郎の作です。
 このほか建水・蓋置・炭道具を中心に、9代中川浄益作の南鐐の火舎が添う「南京赤絵鶴丸文香炉」や、金継が景色となっている「井戸脇茶碗 銘 長崎」など、およそ50点を展示いたします。

ご来館される皆さまへのお願い

会期 2022年4月1日(金)〜7月18日(月・祝)
前期:4月1日(金)〜5月22日(日)
後期:5月25日(水)〜7月18日(月・祝)

古銅桔梗口花入 東山御物

芦屋松竹地紋真形釜

主な展示品 南京赤絵四方鶴丸文香炉
(南鐐火舎:9代中川浄益作)
阿弥陀堂釜 与次郎作
砂張二重青海水指
鉄糸目菱口燗鍋 仁清窯鶏蓋添
唐物鉄鋼食籠

※今後の情勢により、予定が変更となる可能性がございます。

公益財団法人 湯木美術館

開館時間
午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
毎週月曜日(月曜が祝日の場合は開館、翌平日休館)、10月25日(火)
夜間開館日
当面のあいだ夜間開館を中止いたします。
入館料
入館料一般700円/大学生400円/高校生300円
住所
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-3-9
お問い合わせ
TEL: 06-6203-0188
FAX: 06-6203-1080