展覧会

平成31年 春季展
「きれい」寛永×「いき」元禄
      -くらべて見える江戸茶の湯文化-


 本展では、江戸時代におこった「寛永文化」と「元禄文化」を代表する作品約60点を取り上げ、両文化の特徴を明らかにするとともに、茶の湯文化の流れを展観いたします。
 江戸時代はじめの寛永年間(1624~44)は、世の中の安定に伴って、戦国時代で途絶した文化の復興や新たな文化が創り出されました。利休の孫で千家再興につとめた千宗旦、武家の教養としての大名茶をリードした小堀遠州、武家だけでなく公家からも支持を受けた金森宗和とその指導を受けた仁清らが活躍したのはこの頃のことです。瀟洒で洗練された美意識は「きれい」と評され、当時の記録に残ります。
 元禄年間(1688~1704)は、江戸幕府の政治が安定し経済活動が活発化したことで、諸芸は著しい発展を遂げます。松尾芭蕉、上島鬼貫らによる俳諧がさかんになり、上方の有力町人を中心として尾形深省の乾山焼などが人気を博しました。三千家は大名家に茶頭として仕官し基礎を固め、宗旦の門弟の藤村庸軒や杉木普斎らが千家の茶の湯の普及に尽くしました。茶の湯は武家町人問わず広がりを見せ、嗜むべき教養の一つと言われるようになります。また、1690年(元禄3)は千利休の百回忌にあたり、利休の茶聖化と利休回帰の意識が強まりました。
 今展では元禄時代のにぎやかな大坂の様子を俯瞰的に描いた八曲一双の「浪華名所図屏風」(大阪市指定文化財)を特別展示いたします。併せてお楽しみください。

会期 2019年4月9日(火)~6月24日(月)
前期:4月 9日(火)~5月12日(日)
後期:5月15日(水)~6月24日(月)

蕣絵賛 松花堂昭乗筆
小堀遠州・江月宗玩・松花堂昭乗賛
(前期展示)

瀬戸肩衝茶入 銘「春山蛙声」
小堀遠州所持

乾山窯
銹絵賛水文茶碗

竹茶杓 銘「五月雨」
藤村庸軒作

(大阪市指定文化財)浪華名所図屏風(左隻)(後期展示)

主な展示品 近松門左衛門筆 鷺図(後期展示)
仁清窯 色絵柳橋図水指(前期展示)
赤樂茶碗 宗旦銘「是色」 道入作
黒樂茶碗 一入作
仁清窯 水玉透向付
乾山窯 銹絵染付絵替筒向付

※予告なく展示作品が変更になる場合があります。

公益財団法人 湯木美術館

開館時間
午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
毎週月曜日[月曜が祝日の場合は開館、翌平日休館]、10月16日(水)
夜間開館日
9月6日(金)、10月4日(金)、11月1日(金)、12月6日(金)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
入館料
入館料一般700円/大学生400円/高校生300円
住所
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-3-9
お問い合わせ
TEL: 06-6203-0188
FAX: 06-6203-1080