展覧会

平成23年 春季特別展
「日本<茶>料理の開拓者 吉兆庵湯木貞一生誕110周年記念展」

日本料理「吉兆」の創業者であり、湯木美術館初代館長である吉兆庵湯木貞一(1901~97)の生誕110年を記念した展覧会を開催いたします。
現在も吉兆の企業理念となっている「世界之名物 日本料理」を考え出した湯木の生涯は、「料理」と「茶の湯」を自らの人生の両輪と考え、その両方共に真摯に勉め励んだものでした。晩年、ある対談で「日本は日本人として本来の姿の中によかったところを探し出し、取り戻したい。これが老後の執念です」と語ったように、一生をかけて日本のみならず世界に向けて茶の湯に通じる日本料理の真髄や季節感を示していきました。
今回の春季特別展では、茶会、交友、茶道具という3つのテーマから吉兆庵湯木貞一を紹介いたします。Ⅰ期では、生涯で催した約500を超える茶事の中の一つを再現いたします。Ⅱ期では、阪急電鉄の創立者である小林逸翁、「電力王」といわれた松永耳庵など近代数寄者たちとの交友をゆかりの茶道具で紹介いたします。Ⅲ期では、重文11点・重美3点を含む優美で品格あるコレクションの中から遺愛の茶道具を厳選して展示いたします。

銹絵染付絵替筒向付 尾形乾山作【Ⅲ期】

会期 Ⅰ期:「季節の演出 - 湯木貞一の茶会」
3月19日(土)~4月24日(日)
Ⅱ期:「数寄者との交流 - 小林逸翁・松永耳庵・松下幸之助」
4月27日(水)~5月29日(日)
Ⅲ期:「湯木貞一の茶道具 - コレクションから」
6月1日(水)~7月3日(日)

〈重文〉佐竹本三十六歌仙絵・在原業平【Ⅰ期】
3月19日(土)~4月7日(木)

〈重文〉織部四方手鉢【Ⅰ期】

〈重文〉春日宮曼荼羅図 観舜筆【Ⅱ期】
4月27日(水)~5月12日(木)

黄瀬戸建水 銘「大脇差」[名物]【Ⅰ期】

御所丸茶碗 銘「由貴」【Ⅱ期】

瀬戸肩衝茶入 銘「飛鳥川」[中興名物]【Ⅲ期】

色絵扇流文茶碗 野々村仁清作【Ⅲ期】

主な展示品

〈重文〉宗峰妙超墨蹟 古徳偈【Ⅰ期】
4月8日(金)~4月24日(日)

〈重美〉絵因果経【Ⅱ期】
5月13日(金)~5月29日(日)

唐物肩衝茶入 銘「富士山」[中興名物]【Ⅱ期】

〈重文〉石山切(伊勢集) 伝藤原公任筆【Ⅲ期】
6月1日(水)~6月16日(木)

〈重文〉志野茶碗 銘「広沢」【Ⅲ期】
6月17日(金)~7月3日(日)

※期間中、一部展示替えがあります。

公益財団法人 湯木美術館

開館時間
午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
毎週月曜日、9月18日(火)、9月25日(火)、10月9日(火)10月23日(火)[但し9月17日(月・祝)、9月24日(月・振替休)、10月8日(月・祝)は開館]
夜間開館日
9月7日(金)、10月5日(金)、11月2日(金)、12月7日(金)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
入館料
一般700円/大学生400円/高校生300円
(一般のみ、20名以上の団体は100円引き)
住所
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-3-9
お問い合わせ
TEL: 06-6203-0188
FAX: 06-6203-1080