寄付のご案内

公益財団法人 湯木美術館 運営支援寄付のお願い

 公益財団法人湯木美術館は、日本料理の発展に寄与し、文化の発達に著しい功績をあげたとして文化功労者の顕彰を受けた湯木貞一翁により、1987年(昭和62年)に設立された財団です。「湯木美術館」を運営し、湯木翁の収集した茶道具を中心とした日本・東洋美術品および文書記録類の調査研究、保存、公開を行なっています。
 湯木美術館の所蔵品は、重要文化財13件、重要美術品3件を含む茶道具を中心とした美術品1,000件あまりに及び、日本を代表する伝統文化のひとつである茶道の歴史に関し、極めて重要な作品を含んだ体系的なものです。近現代を代表する数寄者である湯木翁の美意識を伝えるまとまったコレクションとしても稀有な存在となっています。
 しかしこれら貴重な文化財を調査、研究、保存していく環境を整え、修理等を施して適切に維持していくためには多額の費用を要します。
 幸い、当財団は長年にわたる学術研究および社会活動の公益性が評価され、2013年(平成25年)7月29日に大阪府知事から公益財団法人に認定され、同年7月31日「公益財団法人湯木美術館」となりました。この認定により財団の公益に資する事業に対し寄付税制上の優遇が付与されております。
 何とぞ趣旨にご賛同賜り、格別のご協力をいただきたくお願い申し上げます。

公益財団法人 湯木美術館 理事長 湯木 潤治

寄付のご案内

寄付金の名称 公益財団法人湯木美術館運営支援寄付
金 額 個人・1口1万円 / 法人・1口3万円
(1回あたりの申し込み口数に制限はありません)
使 途 展覧会の開催、収蔵品に関する修理・調査研究及び教育普及環境等の整備拡充などをはじめとする美術館の運営事業に充当いたします。
ご入金について 専用の振込用紙をお送りしますので、お手数ですが「お名前・ご住所・電話番号」を湯木美術館までFAXまたはお電話でお知らせください。
郵便局をご利用いただければ振込手数料は不要です。
寄付の特典 企画展招待券5枚(1枚につき、1人1回有効)
当財団への寄付金控除について 公益財団法人湯木美術館への寄付金には、公益法人への寄付として、所得税・法人税の税制上の優遇措置があります。
お問い合わせ先 公益財団法人 湯木美術館
〒541-0046 大阪市中央区平野町3丁目3番9号
電話(06)6203-0188
FAX(06)6203-1080

個人の税制優遇について

【所得税】
寄付金から2千円を差し引いた金額が寄付者の年間所得から控除されます(寄付金控除)。年間所得の40%が上限額です。
控除を受けるための手続として、確定申告が必要です。当財団が発行する受領書を添付して税務署に申告してください。勤務先などで実施される年末調整では寄付金控除を受けることはできませんのでご注意ください(所得税法施行令第217条第1項第3号)。

法人の税制優遇について

当財団に対する寄付金は、その寄付金の合計額と寄付金の損金算入限度額のいずれか少ない金額が損金に算入されます。詳しくは税理士等の専門家にご確認ください。

公益財団法人 湯木美術館

開館時間
午前10時~午後4時30分(入館は午後4時まで)
休館日
毎週月曜日[月曜が祝日の場合は開館、翌平日休館]、9月23日、11月24日
夜間開館日
9月4日(金)、10月2日(金)、11月6日(金)、12月4日(金)は午後7時まで開館(入館は午後6時30分まで)
入館料
入館料一般700円/大学生400円/高校生300円
住所
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-3-9
お問い合わせ
TEL: 06-6203-0188
FAX: 06-6203-1080